湯涌温泉 白雲楼ホテル

ずっと行ってみたいと思っているのは、金沢は湯涌温泉にある白雲楼ホテルです。
そのホテルに泊まったことがある人から、そこで売っていた葉書のセットを頂いたことがありました。
私には、茶色く変色した葉書の写真が西洋の昔の写真のようで、ロマンチックに見えました。
とても素敵なホテルだったこと、その方が行った時には、そうとう古くなっていて、廊下なども薄暗くて怖かったことなどを聞きました。
その方の話を聞きながら、葉書の写真を見ていると、洋風の建築と和風の建築が調和した不思議な建物がとても魅力的に見えました。
大広間には高名な日本画家の大きな画がかかっていたそうです。
とても雰囲気のあるロマンチックな建造物で、そこに泊まって優雅な気分に浸りつつ、建物を探検したり建物の周囲を歩き回ったりしたいのです。
時々、古い二時間ドラマで白雲楼ホテルを舞台としたものを見ることができ、その都度、行きたい気持ちがつのります。
美しいがゆえに、廃墟となってからも長く特有の悲しい廃墟美を見せてくれていたそうですが、今となってはその廃墟を見ることもかないません。
白雲楼ホテルの喫茶室で、お茶をいただきながら、雪景色を見るという、一生叶わない望みをずっと持ち続けているのでした。いぶきの実